読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
きまぐれに更新していきます。

幸せになりたいから募金する、という胡散臭いお話

熊本の大震災

熊本には行ったことがあったし友達もいる。

東北大震災の時、実家が千葉の僕は京都にいて

とにかく何もできず虚しかった記憶も残ってるので

今回は何かしたいな、と思っている。

 

でも今できることは少ない

支援物資や募金、ボランティアを調べてみたけど

今は募金くらいしかできることがないみたい。

 

最近は二次災害の記事なんかもよく見るし、

自分のくだらない衝動で動いちゃダメだな、と思っている

 

じゃあ募金をしよう、という人は案外いない

でも実際、募金という選択肢を選ぶ人はかなり少ないと思う。

多分理由はいくつかあるんだけど、例えば

 

・お金を払っても誰も見てくれない(褒めてくれない)

・貢献してる実感が湧きにくい(何か満たされない)

などなど

 

要は見返りが無い。

 

なに見返り求めてんだ、って話になるんだけど

見返りがないとほとんどの人は動かない。

募金しない人が悪いんじゃなくて、しないのが当たり前。

行ったこともない土地の見たこと無い人たちにお金をあげる

そんなの常軌を逸した行為であることは間違いない。

タダで人を助けるほどみんな暇じゃないし、余裕もない。

ここの認識は間違っちゃいけないと思う。閉塞感に繋がるから。

 

それでも僕が募金する理由

じゃあなんで僕が募金するかという話。

しがないサラリーマンだし、貯金なんてほとんどない。

それでも僕が募金する理由は

 

「幸せになりたいから」

 

ハハっ!と笑ってしまう人が多いと思うけど、これはほんと。

決して僕がマザーテレサ?みたいな慈悲の心を持っているわけではない。

道で前を歩いてる人が変則的に曲がるだけでイラッとするくらいの器だ。

でも幸せになりたいから僕は募金する

 

募金=幸せ、とは

なんで募金すると幸せになるかというと

与える喜びは人間の基本的な欲求である。カナダの大学生に現金を渡し、自分のためにお金を使うグループと、自分以外のためにお金を使うグループに分けたところ、人のためにお金を使ったグループのほうが、はるかに幸福度が高くなっていた

幸せに生きるために知っておきたい心理学・脳科学の8つの研究データ - Literallyから引用

 

そう、実は人に何かを与えると脳が幸せを感じるらしい。

 

もちろん僕は「へえ〜」という感想しか出てこなかった。

いやいや、僕そんな心キレイじゃないですよ、と。

でもどうやら心の美しさは関係ないらしく、

たとえ義務だとしても幸せを感じてしまうらしい。

研究でわかった「幸せをお金で買う」5つの方法!|Career Supli

詳しくは↑参照

 

確かに周りで幸せそうな人を見渡してみると

あ〜与えてるなぁと思うことが多い。

 

だから、今回僕はモノ、カネ、メイヨ、とかいう見返りを

一切求めずただ「幸せ」だけを求めて募金をしようと思う。

結論だけみるとめちゃくちゃバカっぽいな俺w

 

心が疲れてたり、余裕が無い人はほんとに100円とかでいいから

試しに募金してみてほしい。自分のために。

もう一回確認するけど、募金は「誰かを助けたい」気持ちで

する必要は全くない。むしろそっちのが人として不自然。

どんなに汚い感情でも100円は100円。もらった人は助かる。

自分のために募金して、結果人が助かる。それでいい。

 

 

※ちなみにうさんくさい募金団体が多いので注意

私は赤十字社に募金します。

日本赤十字社