読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
きまぐれに更新していきます。

会社やめたいな、と思ったら

会社やめたいな。

 

たまに思います。

朝起きた時とか、仕事しててイライラしてる時とか、失敗して泣いてる時とか。

 

自分は新卒1年で1社目を退職したのでいま2社目なんですけど、

それでもまたやめたいなと思っちゃうわけ。ゆとりかよ。

 

でもこれってきっと「衝動」なのかなと思って受け流してます。

 

 

当たり前のことなんだけど、

めんどくさいことはやりたくないし、嫌なことからは逃げたい。

だから「やめたい」って出てくる。あたりまえ。

楽しいだけの仕事があったら教えて欲しい。

(あるならやめます、楽勝で)

 

ここまでは当たり前。でもこっからがたちわるい。

会社やだな、めんどくせえな、と思ったら脳が勝手に

それを正当化しようとするわけ。

 

例えば朝起きるのが面倒くさいだけなのに、

 

ああめんどくさい

ああ、そういえばあの上司あんまり好きじゃねえんだよな

そっか上司と合わないんだ、だから会社嫌なんだな

上司と合わないなら会社やめよう

 

って勝手に作り上げられていくわけ。恐ろしい。

朝起きるのめんどくさいだけなのに、

上司と合わないから辞めます、って口から出てくるの。

そして本人も気づかずそうだと思い込んじゃうわけ。

 

これに気づいてから結構人生に余裕が持てたなぁ。

「ああ、またそれっぽいこと言って逃げようとしてんな俺」って。

 

自分を客観視するのって相当難しいんだけれど、

自分の思考をいかに信じないかってのが本当に大事。

 

特に俺はバンドとか芸術とかのコミュニティに属してるから

「本能に従え!」「思った通りに行動しろ!」みたいな

そういう価値観だったわけ。

 

もちろんそういうのがすごく大事なのは身にしみてる。

でも一瞬「これ逃げてねえか?」「都合よすぎねえか?」

と考える余地があっていいと思う。

 

そして、その問いを超えた決断や行動にこそ

とんでもない価値があると思います。

 

俺も逃げてらんねえな。がんばろう。